着物買取査定へ出す際作者やサイズに着物の種類も確認

着物買取店へ査定に出すのであれば、着物の種類や作者にサイズもチェックです。
着物買取で高額査定につながる項目として、産地や作家にサイズ、それから流行柄の着物であるか、生地の質はどうかが絡みます。
生地の質に関しては高価買取の対象は正絹であること、高価査定とならないのは、化学繊維着物やウール着物類です。
お店によっては化学繊維の着物でも、買取をするショップはありますが、査定額は低めになります。
人気の正絹の着物であれば、絹の重量を示す匁が大きくなると、高額査定となるのが原則です。
着物の大きさも大事で小さなサイズ、特殊なサイズは査定の際にも難しくて、買い手も付きにくいので安くなります。
小さな着物はリサイクル用の生地になりますが、買取価格は低くなるので、着物サイズは大きいほうがよいです。
作家の着物としては人間国宝の作品を筆頭にして、老舗呉服屋の仕立てた着物や工芸会、国画会の有名作家の着物類は、専門店での高価買取対象になります。