着物買取店へ出す前に売りたい着物の状態を再確認

着物買取店へ出す前には、売りたい着物の状態を再確認をすること、まずは手持ち着物の状態をきちんとチェックすることです。
和装類の保存状態を確認しておかないと、査定で低い値段を付けられることもあります。
高額買取査定にするには、仕付け糸のついたままの未着用着物や、新品着物はそれだけで、買取価格を上げる価値がありますし、着用回数が少ないほど買取値は高いです。
度の着物買取店でも目安として知っておくべきなのは、着物は10年以内の物であれば、比較的買取は高値になりやすいことであり、10年以内かどうかは一つの判断基準になります。
出すが10年以上の着物であろうとも、保存状態が良く色や柄も美しい着物、有名作家が手掛けた着物は、高額査定となることもあり得ることです。
着物は見た目の価値が大きいですから、虫食いやカビに色落ちなど、見た目の美しさを損なう要素が多いと、価値が目減りします。
保管をしていても絹は経年劣化するので、表面は良さそうでも、裏地が褐色になっていたり、箱や金銀彩の変色ということもあるので注意です。